2014年7月18日

プロジェクターの活用

先日から、iPhoneの画面をプロジェクターで投影しているのですが、
せっかくなので、カメラ(元)小僧のおじさんに東京で撮影した
画像をいくつかわけてもらい、スライドショーにしたものを
投影してみました。

その様子を違うiPhoneで撮影(笑)した動画がこちら↓
video

BGMも流れてるんですが、音が小さくて聞こえにくいですね。
その上、プロジェクターの音が結構うるさく入ってしまってます(汗)

ということで、
みなさんの画像、こんな風にしてうちで投影してみませんか?

スライドショーを作るために使用したアプリは「Film Story」。
無料ですが、画像のエフェクトの種類が豊富で
フォントの種類やサイズも変更可!
30秒以内のスライドショーなら無料で書き出せますが、
有料版を購入すると、30秒以上のスライドショーが書き出し可能。
有料といっても300円です。
写真ごとにトランジション(切り替え効果)も付けられます。
BGMも字幕もOK。
とりあえずは無料版で使い勝手をみてからでいいと思います。
このようなスライドショーを作成するアプリは無料のものには
作品の再生時間に制限があるのがほとんどで、
それ以上のものを作りたいときは有料版を・・・となるのですが
30秒でもなかなかのものが作れます。
詳しい使い方などはこちらから。

動画はつい長くなってしまうのですが、
再生時間がやたら長いと、実は見る方も飽きちゃうってこともあります。
なので、好きなBGM1曲分ぐらいにおさめるのが妥当ですね。

なびりん



0 件のコメント:

コメントを投稿